ブログトップ

二人の想いが見つけ出す希望

vaniteli.exblog.jp

ここは能生の遊戯王の大会レポ中心のブログです

ゆーぎおーのこと色々

さて、埼玉CS浜松CS等の結果が出てきましたね。
どっちのCSもBFが上位のほとんどを占めるというやっぱBFつえ~的な環境でスタートしました。
しかし今回のBFは変わった構築なのが目につきました。


なんと言っても一番特徴的なのは《封印の黄金櫃》を搭載した、通称櫃BF。
両CSを制覇してるのですからその強さは実証済みでしょう。
櫃を搭載するという今までにない形に加え、そのデッキの特性上どうしても多く入れてしまいがちだった罠がたったの5枚というのが最大の特徴でしょうか。
罠による受身の戦い方ではなく、櫃・剛健などでダムド寒波ハリケなどのワンキルパーツを集め、BFの展開力も合わせて一気に勝負をつける戦法らしいですね。
BF=罠という考えを逆手にとって、相手の七つ道具やドッペル等を腐らせることができるのも強みですね。

ただこのデッキ強いですが、やっぱ初見殺し的な感じが強いように感じます。
そりゃあ櫃入っててBFなのに罠少なかったらびくります。
実際に回してみたところ、確かに強かったです。でも結構弱点も見えてきたりしました。プレイングも結構難しいです。
この型が流行るかどうかは分かりませんが、自分には合ってなかったので自分は櫃型は多分使わないです。


後、BFの試合を見てて思ったのが《魂を削る死霊》多いな~ってこと。
BFミラーの1ターン目は何らかの伏せがなければモンスター出さないのが主です。下手にモン出したらシロッコに駆られてしまいますし。ということで1ターン目はモンがいない状況が多いです。
そこで死霊がいると、アドが取れます。モンを出さないということはシロッコを迎撃できるカードがない→伏せが幽閉等の確率は低いので攻撃が通りやすいです。
また上記の理由で先行ではモンを出しにくいですが、死霊がいればシロッコ・シュラを完全にいなせる壁としても有用です。ブラストは怖いですが


今はBF一強って感じですが、Xセイバーや六武衆等様々な新戦力が出てきているのでこれからが楽しみです。
ってか何故か敬語になってしまった
[PR]
by marisyasu | 2010-09-25 01:37 | 考察