ブログトップ

二人の想いが見つけ出す希望

vaniteli.exblog.jp

ここは能生の遊戯王の大会レポ中心のブログです

シンクロモンスター

当然の様ですが日本と世界では出てるカードが違います。
その為日本では使えても世界では使えなくなるカードがあります。
今回はその種類のシンクロモンスターについて考察


外国で使えないシンクロモンスター群
《A・O・J カタストル》
とりあえずレベル5といったらこいつだったのでレベル5のシンクロ群はかなり弱体化されてる。
ライロやハイビメタとしても優秀だったのでこいつが使えないのは痛い。

《ナチュル・ビースト》
猫にとってはかなりの痛手。こいつを出して攻めるのも猫の勝ちパターンの一つだったので相当痛い。
そしてカタストルも禁止の為、《コアラッコ》や《ライトロード・ハンターライコウ》とエアベルンで出せる強力カードがなくなってしまったのが一番辛いかも

《氷結界の龍ブリューナク》
こいつの禁止はかなりの影響を及ぼすかも。猫単体から出せるカードで唯一《ギガンテック・ファイター》《BF-アーマード・ウィング》を潰せるカードだったので、世界ではこの二体を潰すのにかなり苦労を強いられることに。

《フレムベル・ウルキサス》
使ってる人いねぇよw
でもブリューナクの代わりとして入れてもよかっただけに残念。

《ナチュル・パルキオン》
まぁ、あまり変わらないだろうw

《ミスト・ウォーム》
地味だけど地味ながら強かったカード。
レベル9という選択肢がなくなったのが大きい。

以上のカードあたりでしょうか。メジャーなカードとしては。
では上記のカードの代わりとなりそうなカードを


《マジカル・アンドロイド》
レベル5最強の攻撃力を誇るカード。
とりあえず一枚は入れといた方がいいかと。猫の場合ライコウとコアラッコを入れてるなら二枚入れてもいい・・・かも?

《大地の騎士ガイアナイト》
ブリュ・ウルキサスが禁止ならこいつの出番だ!マジで。
確かドイツの代表も入れてたはず。《ゴヨウ・ガーディアン》だけじゃ足りないかも、という人は入れといて損なし。

《BF-アーマード・ウィング》
《BF-疾風のゲイル》が一枚でも入ってるデッキなら入れといて損はないかと。
とにかくブリュが禁止のため倒しづらい。出せば結構活躍するかと。

《BF-アームズ・ウィング》
アーマードに比べると見劣りするけど・・・

《ライトエンド・ドラゴン》
こいつ禁止だったっけ?確か出てたと思うけど。
《マジカル・アンドロイド》とベルンをチューニングで出そうぜ!無理か。

《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》
レベル7は禁止がないのでなくていいかな。

《XX-セイバー ガトムズ》
《ミスト・ウォーム》の代わりに・・・はならないかな流石に。

《剣闘獣ガイザレス》
剣闘獣対策に入れてもいいかも。
パンサーでコピーして精神操作して召喚だ!


とにかく《ギガンテック・ファイター》《BF-アーマード・ウィング》をどう倒すかが問題。
《ギガンテック・ファイター》なら《コアラッコ》&《異次元の狂獣》のコンボも面白いかも。
後は普通に《地砕き》や《次元幽閉》や《強制脱出装置》かな~。
と1落ちしそうな奴がほざいてみたりw


■ファイブディーズ
皆蘇ってるしw
蘇ってよかったけど、あのまま死んでた方が感動できたかも。
死人を無駄に蘇らせると萎えるからね~
というか最後の終わり方がマジで最終回かと思ったw 
「え!?今日最終回なの!?」
と思ったら続くんだねw





この考察先にタイチさんがしてたしw
[PR]
by marisyasu | 2009-06-24 19:07 | 考察