ブログトップ

二人の想いが見つけ出す希望

vaniteli.exblog.jp

ここは能生の遊戯王の大会レポ中心のブログです

2009年 10月 20日 ( 1 )

《The tyrant NEPTUNE》>
本当は生贄2体だけど一体でもいいよ系モンスターですな。こういう系統のモンスターで使われてるの見たことな(ry
効果は《霧の王》+《ファントム・オブ・カオス》みたいなもん?
生贄召喚を行わなければならないのに見返りが小さい。一体生贄だったら、生贄にしたモンスターをそのまま使えよ、ってことになるから真価を発揮するのは二体生贄のとき。しかし、効果を受け継げるのは一体までだから、元のモンスターにちょっと攻撃力がついただけ、ってことになってしまう。せめて二体の効果を受け継げれば・・・最初から元のモンスターに装備カードつけろって話。


《トランスフォーム・スフィア》
なかなか効果は強力だけど、表守備しか奪えない。《つまづき》とのシナジーに期待するべきかな。
毎ターン相手モンスター奪って殴って・・・の繰り返しができる。手札があれば。
でも今度は裏守備で逃げられそう。う~む・・・
ただ奪ったモンスターはエンドフェイズに相手の場に戻るから、何とかして帰さない工夫をしたいところ。
《月読命》があればなぁ・・・と思ってしまう一枚。


《The アトモスフィア》
攻撃力が1000ついた戦闘破壊に態勢のない表側しか奪えない《サクリファイス》。何か弱く聞こえるぞw
《サクリファイス》と違い儀式魔法を必要としない。その代わりに二体+墓地一枚の除外を要求。
場の方はトークンで何とかしたいところ。・・・なんか《サクリファイス》でいい気がしてきた。


《ジャンク・ブレーダー》
堅実すぎて地味。そして微妙。《マックス・ウォリアー》と同じ運命を辿りそうだ。


《ライトニング・ウォリアー》
《ダーク・ダイブ・ボンバー》の禁止により弱体化したレベル7シンクロ期待の星。
《ブラック・ローズ・ドラゴン》の他のレベル7《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》《X-セイバー ウルベルム》《サイコ・ヘルストランサー》に比べればかなりの高水準。
効果は戦闘破壊を要求する割りに、手札が5枚でも1500とボンバーと比べるとかなりしょぼーんだが、エキストラやあと一撃で倒せる、って時は活躍すると思う。
レベル7を多用するデッキは入れる価値あり。



今回もかなり微妙ですな。
でもライトニングウォリアーが欲しいから一応応募しますか。
[PR]
by marisyasu | 2009-10-20 02:32 | 考察