ブログトップ

二人の想いが見つけ出す希望

vaniteli.exblog.jp

ここは能生の遊戯王の大会レポ中心のブログです

2010年 09月 27日 ( 1 )

二時限目が休講になって暇だから考察でも
BF以外のデッキについてBF視点で


クイックダンディ>
なんと言っても厄介なのがデブリ・ドラゴン。寒波からブラロに繋げられると壊滅してしまう上にトークンまで出されてしまうし、トリシュ出されるとそのまま押し切られてしまうことも少なくない。ドリルウォリアーも厄介でデブリを使いまわされたりされるとウンザリする。
ただ、ドリルに関してはゴドバ・月・警告・弾圧等他のデッキに比べ封じ手があるので、多少は処理しやすい。また、BFには魔デッキという解答があるので二戦目以降は魔デッキさえ決まれば仮に一本目を落としてもまだチャンスはある。
そういう意味では戦いやすい相手だが、初見殺し的な構築のクイダンだと厳しいかもしれない。

対抗策:魔のデッキ破壊ウイルス、D.D.クロウ、王宮の弾圧、神の警告、抹殺の使徒等


ライトロード>
浜松・埼玉両CSでBFが上位にひしめく中、両方の上位に少ないけれど存在しているデッキがライロ。
裁きの存在が目立つが、処理しにくいライコウ、シロッコ等を自ターンで一方的に倒せるジェイン、旋風を割るライラ、カルートにカウンターで打てるオネストと個々のカードも厄介。
また、埼玉で入賞したライロBFはシロッコが入ってるため、下手にBFを出すと狩られてしまい、もしそのシロッコをシロッコで破壊してもヴァーユからのアームズで反撃されてしまう。
一度ぶん回されると手が出なくなってしまう。対抗策としてはカイクウあたりが有効だと思われる。

対抗策:霊滅術師カイクウ、D.D.クロウ、自律行動ユニット、閃光を吸い込むマジック・ミラー等


光デュアル>
前環境でBFメタとして活躍したデッキだけあって相性は悪い。とにかく1900打点のモン軍団とスパークが辛い事この上ない。
また、盗賊の七つ道具がメインから入ってることが多く、ゴドバが封じられやすいのが大きい。
メインは厳しくなるのは確実。ハリケーン等からのワンチャンを狙うのが良さげ。また、モンが少ないためモンを処理していければチャンスはある(まぁ、それが難しいのだけれど)。
スノーマンを処理するのが難しいデッキなのでサイドからのスノーマンやドッペル等を主力に二戦目以降は闘っていきたい。

対抗策:スノーマンイーター、ドッペルゲンガー、サイバー・ドラゴン、次元幽閉、盗賊の七つ道具等


墓地BF>
シロッコを処理してもアームズになって戻ってきたりするのが厄介。基本攻撃力が高いので主力のシュラやブラストがやられやすいのもキツイ。
メインはグレファーをシュラで破壊してからのトリシュが理想的だけど狙うのは難しかったり。
サイドからは墓地対策を入れたいが、ガン積みしすぎると、パワーに押されてしまったりしがちなので程ほどに。墓地対策にもなって高攻撃力のカイクウが有効なメタカード。

対抗策:霊滅術師カイクウ、D.D.クロウ、転生の予言、異次元への隙間等


Xセイバー>
最近出てきた新勢力。
回ると強いのは当然としても、戦闘破壊が主のBFにとってフラムナイトとエマーズブレードの存在もきつい。ベルンがキツイからって伏せすぎるとヒュンレイが飛んでくるので慎重に。
魔デッキ・弾圧辺りが有効。また、ガトムズの緊急指令はガンと違って、クロウで一方を除外するともう一方は出てこないのでクロウもありか。フラムナイト等は奈落に落ちないので安心して殴ってきやすいため、次元幽閉も有効。

対抗策:魔のデッキ破壊ウイルス、王宮の弾圧、D.D.クロウ、次元幽閉等


カイクー強いなー
[PR]
by marisyasu | 2010-09-27 10:36 | 考察